お問い合わせ
ダイヤル
072-961-6925
メイン画像

中野鍛造所における熱間鍛造をはじめ、加工方法や見積り、納期などについて、よくお問い合わせいただく内容についてQ&A形式にまとめました。どうぞご一読ください。

よくある質問

現在、鋳造およびダイキャスト加工を行っていますが、熱間鍛造加工への置き換えは可能でしょうか?

製作する部品形状にもよりますが、基本的には鋳造およびダイキャストの図面形状をそのまま鍛造図に落とし込むことはできないと思われます。ただし、若干の形状および寸法変更や二次切削加工の追加などの仕様変更が可能なら熱間鍛造加工への置き換えは可能です。

▲ 一覧に戻る

熱間鍛造加工で部品を作りたいと考えています。その場合、最適なロット数はどれぐらいでしょうか?

型打ち鍛造による最大のメリットは優れた量産性です。部品の大きさにもよりますが数百個~数千個以上のロット数が理想です。もちろん、それ以下でも鍛造加工は可能ですが、お客様のご負担を考えると数量が増えるほどコスト的なメリットがより大きくなります。

▲ 一覧に戻る

樹脂加工のための金型は非常に高価ですが、熱間鍛造加工のための金型の設計・製作費はどれぐらいかかりますか?

熱間鍛造用金型の設計・製作費は、使用する金型の大きさ、金型構造、製品形状の難易度、寸法公差などの条件によって異なります。弊社内作型での一般的なケースの場合、約20~50万円程度の低コストで提供させていただいております。

▲ 一覧に戻る

環境問題が社会問題になっていますが、カドミウムや鉛などの有害物質を含まない金属の熱間鍛造加工は可能ですか?

近年、環境問題意識の高まりに伴ない、各伸銅棒メーカーからカドミニウムレス材や、鉛フリー材といった黄銅棒が販売されております。弊社でもその材料を使用することで熱間鍛造加工が可能です。そのうえ、弊社なら削加工まで仕上げることができます。

▲ 一覧に戻る

これまで部品のメッキ加工を外注していましたが、中野鍛造所でメッキの加工まで頼むことは可能ですか?

一般的なスズメッキ、ニッケルやクローム、アルマイト加工といった表面処理仕上がり品まで、弊社一元管理の下で対応することが可能です。ただし、弊社の鍛造および切削加工までご利用をいただいているお客さまのみの対応とさせていただいております。

▲ 一覧に戻る

金型・鍛造・切削など、個別の外注対応により社内管理が煩雑になっています。中野鍛造所で最終製品加工までしてもらえませんか?

鍛造加工、切削加工、表面処理加工まで、中野鍛造所の一貫生産ラインシステムが本領を発揮いたします。お客さまの手を煩わせることなく、弊社一元管理の下でタイムリー&スピーディーに最終加工品まで対応させていただくことが可能です。

▲ 一覧に戻る

現在、複数の切削加工により製品を仕上げていますが、コストダウンを図れるよい方法はありませんか?

部品形状にもよりますが、別々の2個の部品を設計段階において1個に合わせて鍛造加工することにより、部品点数を削減できる場合があります。また鍛造することにより、省材料や省切削加工につながるケースもあります。まずはお気軽にご相談ください。

▲ 一覧に戻る

研究開発部門で試作品の製作を検討中ですが、5個、10個といった非常に少数な場合でも鍛造加工は可能ですか?

金型製作が可能な形状であれば、試作品程度の小ロット数での鍛造加工は可能です。また、弊社ならご相談の内容によっては鍛造加工にこだわることなく、お客さまのメリットを考えたうえで、よりベストな製作方法をアドバイスさせていただくこともできます。

▲ 一覧に戻る

切削をある業者に任せていますが、仕上げの品質に満足がいきません。中野鍛造所で切削加工のみお願いできませんか?

誠に申し訳ございませんが、弊社への切削加工のみのご依頼は、お引き受けすることはできません。弊社にて鍛造加工した製品を二次切削加工まで仕上げるといった、あくまで、鍛造加工に附随した加工であるとお考えいただければ幸いです。

▲ 一覧に戻る

手元に製品サンプルを持っていますが、これを元に鍛造および切削加工までの見積りをしてもらえませんか?

お持ちになっている鍛造品や切削加工品のサンプルを拝見させていただき、十分なお打ち合わせをさせていただいたうえで、お見積りさせていただくことはもちろん可能です。どうぞお気軽にご相談ください。

▲ 一覧に戻る