お問い合わせ
ダイヤル
072-961-6925

ユーザー事例紹介

アクセス

長時間の連続鍛造にともなって発生する
金型寸法の経時変化を完全コントロール

導入の
成果
某大手企業様は、鍛造発注先を当社に切り換え
部品量産時に起きる金型の変形を最小限に抑えつつ
常に均一な製品精度を確保することに成功しました。
これまでの
課題
長時間の連続鍛造による熱と鍛圧で
金型の変形が進行するため
納品された製品の精度にバラツキが生じていました。

これまでの課題

某大手企業様では、部品の製造をある鍛造加工業者に発注していましたが、金型管理に問題があり仕上品質が安定しないケースが多発。特に、発注ロットが大きくなるほど、鍛造開始時と終了時での寸法経時変化が拡大し、狙い値通りの寸法精度が得られないという問題が生じていました。

得られた成果

中野鍛造所では、某大手企業様からのご注文を受けて、工程のフルオートメーション化をご提案。スペイン・ネオテックマン社製の高性能中空バリレス鍛造プレス機を使用し、当社独自の技術とノウハウを駆使。材料の切断から加熱、鍛造、バリ取りを完全自動化しました。

その結果、材料加熱温度・鍛圧等、あらゆるセッティングを自動で一定に保つことが可能になり、製品寸法のバラツキ排除に成功。厳しい公差要求を満たし、高品質な表面仕上げを可能にする、高精度製品の量産を達成しました。これにより、金型へのダメージも最小となり、これまで以上の長寿命化を実現。トータルコストの削減にも貢献することができました。